藤沢市藤が岡二丁目地区再整備事業

Concept

藤沢市藤が岡二丁目地区再整備事業とは藤沢市藤が岡二丁目にあった「藤が岡保育園」の建て替えにあわせて、保育園周辺の公共施設等を集約した複合施設として整備する事業です。

2021年4月の開業を予定 ※藤が岡保育園は2021年5月開業予定

  • 2021年4月の開業を予定
  • 2021年4月の開業を予定
  • 2021年4月の開業を予定

1子供たちを守り育むコミュニティーの醸成

公共施設として整備される保育園や放課後児童クラブのほか、発達障がいがある就学中の児童を対象にした学童保育「放課後等デイサービス」の開設や小児科クリニックなどを誘致し、多様な保育・子育てニーズに対応、誰もが安心して子育てできる環境を整備します。

誰もが安心して子育てができる

2健康で安心な暮らしの享受

地域住民が住み慣れた街で、元気で暮らし続けることができるように、小児科や歯科といった複数のクリニックや薬局が入居する医療モールを整備します。また、高齢者の在宅での生活継続支援を目的とした地域密着型サービスの小規模多機能型居宅介護も備えるほか、シニアを中心としたフィットネスサロンを開設して健康的なライフスタイルをサポートし、介護予防を図ります。

健康づくりや介護予防に取り組むことができる

3藤が岡から始まる新たな交流のかたち

公共施設に加えて、多様な機能を持った民間収益施設を併設することで、子どもから高齢者、障害者など様々な人々が自然と同じ空間にいる環境を作ります。また、敷地の南北にある道路を結ぶアーケードを作り、随所にベンチを設け、利便性と交流を高めます。多目的に利用できるイベントスペースを設け、自治会やボランティア団体、サークルなどと協力し、地域住民を対象にした催し等を行うスペースとして、様々な交流が生まれる場所を提供します。

様々な多世代交流が促進される
事業実施体制

事業実施体制

ふじがおか活々交流株式会社

門倉組、工匠、ミサワホームが出資した特別目的会社
(SPC)が、事業を実施する。施設整備終了後には、ミサワホームが民間収益施設を単独で保有して、クリニック、薬局、放課後等デイサービス、フィットネス、小規模多機能型居宅介護のテナントの選定を行うほか、地域向けイベントスペースについては運営に携わる予定です。今回のPFI事業への取り組みを契機に、地域特性を踏まえた公的不動産の有効活用提案を積極的に推進し、地域に貢献できるまちづくりを目指します。

map